http://www.kanwa.info/images/logo.gif
良質な世界の銘石で心の想いを形に・・・
墓地・墓石・霊園の総合案内|株式会社寛和(石のカンワ)
 
   
                     
     
  ・トップページ   ・お墓のQ&A  
  ・民間霊園のご案内   お墓のQ&A
 
  ・公営霊園のご案内    
  ・墓石の種類     
  ・世界の銘石     
  ・お墓のQ&A    
  ・お問い合わせ     
  ・会社概要     
  ・個人情報保護方針     
     
       
  お問い合わせ・資料請求   お墓に関する疑問は少なくありません。
実際にお客様から頂いた質問の一部をご用意いたしました。
 
    株式会社寛和    
    〒244-0812    
    横浜市戸塚区柏尾町   Q.生前にお墓を建ててもよいのですか?  
    757-7-405   寿陵といい大変縁起のよいことと言われています。昔から古墳や権力者のお墓は生前から計画して建てられました。「仏教」でも「逆修墓」といって生前に戒名(法名)をもらい、お位牌(逆修牌)をつくりお墓を建てると、死後いただく戒名や追善供養よりも、計り知れないほど大きな功徳があると言われています。
現代では平均寿命が伸びたせいか、生前にお墓を建てる方が大変多くなってきています。従来のように「お墓は遺族が建てるもの」といった考え方は、ほとんど見られなくなって来ているようです。
 
    TEL:045-824-0080    
    FAX:045-824-3945    
    info@kanwa.info    
    営業時間:9時〜17時    
     
     
    Q.お墓を私が継ぐ事になりました。何か手続きのようなものは必要ですか?  
    お墓を引き継ぐ場合に必要な手続きは、墓地管理者への届け出をします。
寺院墓地の場合はご住職です。公営墓地の手続き例ですが、管理事務所発行の「承継使用申請書」「霊園使用許可書」(紛失した場合は管理料領収書等)新旧の名義人の続柄がわかるもので発効日から6ヵ月以内の「戸籍謄本」、発効日から3ヵ月以内の「印鑑証明書」と手数料が必要です。
※民間霊園・寺院墓地によっては異なる場合がありますので、一度管理者へ問い合わせる事をおすすめします。
 
     
     
     
     
     
     
    Q.墓石に戒名を彫るスペースがないので買い替えたほうがいいでしょうか?  
    戒名等を彫るスペースがない場合には、墓誌の工事をおすすめしています。
墓誌とは、戒名・法名を彫刻する専用の付属品のことです。
 
     
     
    Q.建て替えを考えているのですが、どのくらいの予算がかかりますか?  
    現地墓所を確認し、無料でお見積りを作成いたします。随時ご相談・お見積もりを承っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。  
     
     
    Q.墓地へ行ったら1つの墓地に2つの家の姓が書いてある墓石がありましたが
どんな時つくるのですか?
 
     
    これは「両家墓」と言って女の子さんだけしかいない場合、その子が嫁いだ後、嫁ぎ先と実家の家の両方で1つのお墓を利用し、そのお墓を継いで行く時など建てるお墓です。
近年、核家族化と少子化が進み、長男1人・長女1人時代になってこうしたお墓が急増しています。しかし、公営霊園の場合(東京都など一部)こうした両家墓を認めない所がありますので事前に確認しておく方がよいでしょう。
 
     
     
     
     
     
    Q.墓地で墓石と一緒に仏様の彫刻が置いてありますが、なぜですか?  
    墓石と一緒に仏様がおいてある場合は、古い仏様で、お地蔵様以外でしたら、墓石か供養塔でしょう。江戸時代から大正・昭和の戦前まではお墓として仏様が時々用いられていました。
ただ日蓮宗の墓地で観音菩薩像を見かけたら「水子供養塔」の可能性もあります。一般に「水子供養」には地蔵様ですが、日蓮宗ではあまりお地蔵様は用いないようです。いずれにしても、墓地に仏様の像を建てるのは生前、特定の仏様に信仰が厚かった人が多いようです。
 
     
     
     
     
     
     
    Q.民間霊園を買っており墓地を返還して、すでに支払った「永代使用料」を返してもらいたい、と申入れたのですが返してもらえません。  
     
    何らかの理由ですでに使用契約をした墓地を墓地側へ返す時は、たとえまだ墓石を建てたり外柵を造ってないなど、何も手を付けていない状態であっても、永代使用料・永代権利料は原則として戻ってきません。
1度支払った永代使用料は返還されないのが普通ですから、公営墓地などで事情に応じて半額とか何割かの払い戻しに応じてくれる場合もないではありません。また、墓地を返す時は「さら地」の状態にして返還するのが原則で、その費用は使用者側の負担です。尚、不要になった墓所を他人に転売・譲渡することもできません。
 
     
     
     
     
     
     
     
    Q.お墓を移したいのですが、どのような手続きが必要なのですか?  
    お墓を他の墓地へ移転する事を「改葬」といいます。
改葬するには
@現在あるお墓の墓地管理者から「埋葬(納骨)証明書」を発行してもらう。
A次に移転予定の墓地管理者から「受入証明書」を発行してもらう。
B現在あるお墓の市町村役場か市役所へ@・Aの2通の証明書とともに
「改葬許可証明書」を提出して改葬許可の交付を受ける。
C最後に移転先の墓地管理者へこれらの書類を提出する。
これで、法的な手続きは完了です。しかし実際の改葬にはそれ以外の手続きも必要です。例えば、お墓を新しく建てたときにする「開眼供養(魂入れ)」や、もしくは古くなった墓石を処分したい場合に行う「閉眼供養(魂抜き)」の法要をします。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                                                       
                      Copyright (C) KANWA CO.,LTD. All Rights Reserved.